LUSHの真髄、心斎橋でみつけた。

Store Info

  • 店舗LUSH 心斎橋店
  • 住所大阪市中央区心斎橋筋2-3-20ボストンビル1F
  • 電話番号06-6211-3051
  • URL
    https://www.lushjapan.com
  • AREA
  • 8
  • EAST

LUSH 心斎橋店

私が「LUSH」を本当の意味で強く意識したのは、こちら「LUSH 心斎橋店」でのこと。
フロア内のゾーニングやスタッフ様の対応、随所に掲げるメッセージに、コンセプトがしっかりした商品の数々。

それまで“カラフルなソープがあるショップ”くらいの認識でしかなかった自分にとって、 LUSH 心斎橋店での体験は、忘れがたいもので、また、自分の生活意識にも影響を与えるものでした。
そんな当ショップの魅力を紐解いてみたい、そう願っての、今回の取材です。

ご担当くださったのは、スタッフの福田さん。
同社に入られて2年目。
元来は、フェアトレードのコミュニティを支援するイベントなどに携わっていたとのこと。
現在は、同社の信念(後述)に出逢い、日々LUSH 心斎橋店でお仕事に専念されています。

LUSHを知る手がかりとして、初めに「ネイキッド」の考えを教えていただきました。
例えば、こちらの「バスボム」や「ジェリーボム」が分かりやすい例。
パッケージが無い状態で並ぶアイテムは、希望を伝えれば、“商品を包装無し”で購入が可能です。

こちらの「ソープ」も、個包装無しで購入することが出来ます。
「不要な包装を無くしていこう、という取り組みは、これまで消費者の方々の良識に任せられる傾向がありました」と話す福田さん。

つづけて「私たちは、企業側から、不要な包装を削減していく“ネイキッド”の考えです」と話す福田さん。店内にはKnot Wrap(風呂敷)もあり、何度でも何にでも使える「包む」アイテムも充実。消費される包装ではなく、継続して使用できる“包む”にも力を入れられています。

次にご紹介いただいたのが
「チャリティポット」。
コロンビア産カカオバターやガーナ産シアバターを原材料としたハンド&ボディローションでリピーターも多いロングセラー商品。

ロングセラー商品だからこそ、「消費税以外の売上を“全額”、社会の問題を根本から解決するような活動をしている、小規模な草の根団体に寄付しているのです」と話す福田さん。

つづけて「こちらの商品をご愛用いただいているお客様が、“社会支援に参加できる機会を作ってくださっている”、そう考えています」と話します。 そう、自身の肌を自然由来のローションで労わることと、社会問題がつながる。まさにLUSHの信念そのもの。

今度は、私から質問。
「LUSHが掲げるNO!動物実験。開発中の商品が人に害が無いかどうかを調べるのに、動物実験は必要なのでは?」 そこで、福田さんに案内されたのが次のコーナー。

「いいえ、動物実験は、必要ないんです。例えば…」と、案内されたのがフレッシュフェイスマスクを体験できるコーナー。 果実や野菜だけを原材料に、文字通りフレッシュな天然原料で肌を労わる商品。 例えば、フレッシュな海藻、アーモンドパウダー、ローズオイル、アロエベラ、ローズマリーオイルやカオリン、スクラブの働きを持つキビ粉…。

「これらは1000年以上も前から肌を労わる事で知られてきた原材料なんです。改めて動物を使って、安全や効果を証明する必要はありません」と話す福田さん。 ほんと、確かに、その通り。原材料の調達から製造まで全ての工程においてエシカルであることも同社の信念なのです。さらには…

天然のフレッシュ素材ゆえに防腐剤が必要なこともある、フレッシュフェイスマスク。 「ですが、ハチミツが持つ保存力に着眼し、ハチミツの量を増やすことで防腐剤を使わないSP商品も増やしています」。 SPとはSelf-Preserving(保存)の略。

「このように、定番の商品にも常に改良・改善をはかっていくこと。私たちの信念ですね」と話す福田さん。 では、その改良と改善の源となっているものとは何なんでしょう?

「それが、こちらです」福田さんにご案内いただいたのは“ラッシュの信念”。 これまで、他のスタッフ様が、 私に伝えてくれたことの源がこれだったのです。福田さんは言います。 「今、私はこの文面の中で“ハッピーな人がハッピーなソープを作ることを信じています”という一文が特に好きなんです」

そこで、私の単純な疑問。“ハッピーってなんだろう??” 福田さんの答えは「私どもは、まずはその方にしかない魅力をご自身で気づいてほしいと、考えています」自然の力を借りて、 自分の本来の肌の状態にケアする。そこで使われるケアアイテムは、ネイキッドであったり、チャリティに貢献できたり、 動物実験を行なってなかったり。原材料の調達から製造まで全ての工程においてエシカルであったり。

自分だけが持っている自分の“個”を大切にすることと、社会で継続可能なケアアイテムを選ぶこと。自分にも自分以外にも不自然な不可をかけない、これがハッピーということ。福田さんのお話をまとめると、そのようなこととなるのですが、そんな夢のようなことって、成り立つんでしょうか?

それを成り立たせているのが、「LUSH」なのですね。あらためて見渡すと国籍も性別も年齢も幅広く、多くのお客様が商品を選んでいます。私、心斎橋店は特に…LUSHの信念が体験できるショップだと思うとお伝えしたところ「ありがとうございます」と笑みの福田さん。

最後にご案内いただいたこちらのアイテム。
「ウーッシュ!シャワージェリー」です。
体に丸ごと直接すべらせるか、適量を取りスポンジでよく泡立てて使うジェリーのようなソープ。

中身を取り出してみると、手の平でフルフルフルフルフルと揺れ続けるほどの華奢な弾力!
その正体は、肌触りを柔らかくする海藻の一種であるカラギーナンだったのです。

レモン、グレープフルーツ、ライムをミックスした爽快感のあるフレッシュなシトラスの香り。冷蔵庫や冷凍庫で冷やしてから使えば、心地良い冷たさが、疲れた気分とともにうつむき加減だった背筋を「シャキッ」とすっきり伸ばしてくれるはず。何よりも、このプルプル感は、深海に揺れる海草の力をお借りすることを実感せずにいられません。夏にピッタリなアイテムです!

「今回は取材内容に合わせて、私どもの信念を中心にお伝えしましたが。私どものアイテムは、毎日の生活の中での心地いいこと、ポジティブになれること、身体が嬉しいって感じていただけるアイテムばかりですよ」と話す福田さん。

最後に、私の極めて個人的な感想ですみません。
やっぱり「LUSH 心斎橋店」は、LUSHに気づかせてもらえるポジティブさとかエシカルが、本当に強く伝わってくるショップだと思うのです。
これはもう、買い物ではなく「体験」の域。
夏季の長期休暇に大阪へお越しの皆様。
同ショップに、足を運んでみてください。
素敵な体験を是非!

  • ウーッシュ!シャワージェリー
    100g/850円
    200g/1700円
  • ※価格は税込み