御堂筋ダイニング

2021年1月に心斎橋PARCO13階にオープンしたばかりの「御堂筋ダイニング」。賑やかな活気にあふれる心斎橋において、「静」の役割を果たすかのような「落ち着いて食事を愉しむ」ワンフロア。ただし、その中身は決して静まり返ったものではなく…。全国初出店2店舗、関西初出店1店舗、大阪初出店1店舗を含む計10店舗が、静かに美食への期待と高揚を高めているのです。現在の関西美食シーンを語る上で決して見過ごすことのできない、スペシャルな13階。

重厚な外観にレセプションを配する「三田屋本店-やすらぎの郷-」は心斎橋初出店。「三田屋本店-やすらぎの郷-」は、1987年に兵庫県三田市に3万6千平方メートルの敷地に広がる日本建築の本店を設立。200席を超すレストランの正面に、本格的な能舞台「有馬能楽堂」を備え、毎年、かがり火の中での能や狂言の公演を行うなど、芸術や文化の息吹を感じ取れる「食空間」を展開した…類稀なる業態。

「味覚だけでなく、五感のすべてを満足させる“文化芸術産業”」といったフィロソフィーを、ここ心斎橋でも再現。心斎橋PARCO13階に「大槻能楽堂」を見事設えてみせた同店。檜材を使い、日本画家・西田眞人監修の鏡板を据えた能舞台では能楽師による舞囃子などを上演予定。さらには、ホログラム映像による「能楽デジタル体験」も定刻開催。4台のプロジェクターを駆使した3D映像は、能楽の歴史や伝統と最新技術の融合で私たちに新しい能体験を供してくれます。

そんな「三田屋本店-やすらぎの郷-」で是非とも味わいたいのがステーキ。同社が長きに渡って信頼を構築する卸からは、三田牛はもちろん、神戸牛などの銘牛をご用意。例えば、モモはイチボやランプ、ロースはリブやサーロインなど、選り抜きの逸品を堂々提供。さらには、専門の職人が筋や脂をつぶさに削ぎ落とし、銘牛本来の旨味を際立たせる「見えない仕事」を幾重にも重ねて。また、三田屋と言えばのロースハムのオードブルも必ずや味わいたい逸品。

味覚、嗅覚、視覚、聴覚に加えて、過ごす時間の格別な手触りにも。文字通り、五感のすべてを満足させる“文化芸術産業”でスペシャルな体験が待っています。黒毛和牛のステーキや能楽と聞くと、限られた方だけのクローズドな空間をイメージされるかもしれませんが、いえいえ、「三田屋本店-やすらぎの郷-」はどなたにでも特別な体験を供する開かれたステーキレストラン。小学生以下のお子様用「子供ステーキ」や個室も完備し、ご家族の慶事や接待席、大切な方の祝席や心斎橋散策のランチタイムにも…是非ご利用ください。

大阪初で登場したのは「神乃珈琲」。「日本人による日本人のための珈琲」がコンセプト。ここでの珈琲体験は、まさに味以上のもの。味覚が想像力をかきたて、イメージの世界ごと堪能する…得難い体験が待っています。毎月のテーマや季節のイメージに合わせて、選り抜く「豆」。熟練の焙煎士が目と感覚を頼りに焙煎度合いやブレンドを調整。これを同店では「和える」と表現。

専任者が円熟の技を駆使するハンドドリップ。熱伝導に秀でた銅製ドリッパーで、ゆっくりと静かに注がれる93℃。スタッフさんの射るような目、そして微動の手元。息を呑むほどの緊迫感を秘めながら行うハンドドリップを…同店では「点てる」と表現。豆と焙煎とドリップ技術の相乗によって適えられる一杯は、まさに一期一会の希少さ。「日本人による日本人のための珈琲」が仕上がるのです。(※画像はイメージです)

そんな一杯のお供には、やはりこだわりを秘めた甘味でどうぞ。まずは珈琲をひと口、香りや味が頭に広げるイメージの広がりをゆっくりと堪能したら、甘いひと口を含んでみる。そうすると不思議、この感覚を言葉にしてきっと誰かに伝えたくなるはず。オープンで開放感ある店内にはBOXシートやカフェテーブルに重厚なソファー席などゾーニングも多彩に、「今日の気分」で過ごせるのも嬉しいポイント。至福の一杯で価値あるひと時を是非どうぞ。

さて、13階「御堂筋ダイニング」で是非ともご覧いただきたいこのディスプレイ。実は旧「渋谷PARCO」外壁に設置されていたネオンサインなんです。1981年から40年。今もなお褪せることのないデザインが、ここ「御堂筋ダイニング」に飾られ、特別な食体験に期待を高める皆様をお出迎え。撮影スポットにもおすすめです!

  • ◆三田屋本店-やすらぎの郷-
    黒毛和牛モモステーキ90g/2,800円
    黒毛和牛モモステーキ120g/3,400円
    黒毛和牛ロースステーキ90g/4,500円
    黒毛和牛ヘレステーキ90g/5,400円
    ※ランチタイムメニュー価格例です。
    ※胡麻ドレッシングのサラダ、淡路島玉ねぎスープ、丹波篠山のご飯、紀州の梅干し付
    ※アラカルト「ロースハムのオードブル」600円もおすすめです。
    ※小学生以下のお子様には「子供ステーキ」2,000円のご用意がございます。
    ※能楽デジタル体験の開始時刻は公式サイトでご確認ください。

    ◆神乃珈琲
    スペシャルティコーヒー「グアテマラ レッドブルボン」/750円
    ※メニュー内容と価格は一例です。

御堂筋ダイニング

〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目8−3 13F

営業時間 11:00~20:00

※営業時間は変更となる場合がございます。


三田屋本店-やすらぎの郷-

電話番号 050-3204-0215


神乃珈琲

電話番号 06-6125-5994

RECOMMENDED SHOP
おすすめショップ

  • 「塔の上のラプンツェル」OH MY CAFE

  • TUFFE TERRACE EAT

  • 心斎橋ネオン食堂街

  • POP CULTURE SHINSAIBASHI

  • THEATUS SHINSAIBASHI

  • 心斎橋フードホール

  • 心斎橋NEW

  • 大丸心斎橋店 本館 B1F 麗しのスイーツ

  • 御堂筋ダイニング

Loading..